8月 202011
 

焼肉のシロコロホルモン(シロコロ、コロホル)について

小腸や大腸のことを”シロ”というらしい。
だから、シロコロだけで十分意味が通じるって感じの模様。

“コロ”については、腸を輪っかのままにしてあるからこそ、
あのコロコロっとした感じ(or 形)になるんだそうな。

厚木シロコロ・ホルモンとは – はてなキーワード
http://goo.gl/PgCZt
—————————————————————————
特徴
生大腸のみを使用し、割かずに管状のまま脂身を適度につけながらきれいに
洗って下処理をするため、網焼きにするとコロコロになる。

豚の大腸をひっくり返してぶつ切りにし網焼きにします。そして、ニンニク
味噌を付けて食べるのが特徴。
—————————————————————————

【お肉図鑑】豚生大腸(シロコロホルモン)|肉のユーダイ店長のブログ
http://ameblo.jp/29yudai/entry-10322013804.html
—————————————————————————
全国的にみると、
一般的に腸は処理段階で、
割いてから洗浄されています。

しかし、
県央湘南地域を一手に担う
神奈川食肉センター(厚木市)の場合は
割かずに洗浄され
生のままで流通されます。
(ここが、大きな特徴)

この手間のとも言える作業を
経由して、
全国的にも珍しい
コロコロとした形状を
作り出しているのです。

こうしてはじめて、
新鮮で、やわらかな歯応えと、
ブヨブヨ感を味わう事が出来るのですね♪

歯応えバッチリ♪
モツ煮込みにも欠かせません!
—————————————————————————

ホルモン焼き – Wikipedia
http://goo.gl/l0o5Qhttp://goo.gl/l0o5Q
—————————————————————————
九州地方では、小腸をそのまま焼肉として焼いて食べる「丸腸」が焼肉店のメ
ニューとして置かれているのが一般的である(他地域では真ん中に包丁を入れ、
開いて出される)。
—————————————————————————

コプチャン – Wikipedia
http://goo.gl/FNxs4
—————————————————————————
コプチャン(こぷちゃん、곱창、小腸)は、食肉における牛の小腸の名称。
「シロ」、「丸腸」、「コテッチャン」などとも称される。一般に丸腸
(マルチョウ)と呼ばれる場合、切り開かずに裏返してそのままブツ切り
にしたものを指すことが多い。名称の由来は、日本語の「小腸」を意味す
る朝鮮語「コプチャン」から。
—————————————————————————

Sorry, the comment form is closed at this time.